HOME > お知らせ > 情報遮断のために「旅」に出ませんか?

お知らせ

« 前のページに戻る

2013.11.21

情報遮断のために「旅」に出ませんか?

 みなさんは、最近何もせず、ぼーっとしたり、ぼけっとしたり、何も考えずただ景色を眺めるとか、そんな時間を過ごした事がありますか?

 私たちの生活は、スマートフォン、インターネット、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌等々、様々な情報メディアに囲まれ、好むと好まざるに関わらず、情報にさらされています。」確かに便利になった反面、なぜか昔に比べせわしくなり、心の余裕がなくなっていませんか?情報を使いこなしているのでなく、逆に便利なメディアに使われているのでは?

 昔ならどこか山奥に行ったり、遠く海外に出ると、日本の情報からは遮断され、不便に感じることもあるでしょうが、いったん自分の生活を切り替える事ができました。でも、今はどこへ出かけても、携帯(スマートフォン)とパソコンを持っている限り、どこまでも情報が追いかけてきます。

 何かの本で読みましたが、いいアイディアを思いついたり、発明、発見のような革新的な考えが出てくるのは、職場の机で書類に囲まれているときよりも、散歩しているとき、風呂でのんびりしている時など、いわゆる「何もしていないとき」が圧倒的に多いそうです。

 情報の洪水に流されている私たちが、そんな「ぼーっとした」時間を作るためには、意図的に、情報を遮断する必要があるようです。旅に出るのも情報遮断の手段として、いい方法ではないでしょうか?名所、旧跡を回って疲れる旅もいいですが、せっかく日常から離れた旅に出たら、旅先の景色や街並みを眺めて、「ぼーっ」とする時間も是非作ってはいかがでしょうか。

« 前のページに戻る