HOME > お知らせ > 二泊三日で宮城県へ行ってまいりした!

お知らせ

« 前のページに戻る

2019.10.09

二泊三日で宮城県へ行ってまいりした!

秋口とはいえ残暑が残っている中、宮城に旅行へ行ってまいりました。

今回はホテルと航空券とレンタカーのセットでした。

小松空港から仙台空港へIBEXとANAのコードシェア便で、ひとっ飛び!

目的としては、初の宮城県の為、とにかく宮城を堪能することです。

空港にてレンタカーを借り、仙台駅近くに連泊しました。

 <1日目>

1日目は、まず空港から蔵王方面へ。

蔵王エコーラインを車で1時間のぼり、駐車場から30分程度のハイキングです。

IMG_6013

車で上っているときから濃いガスが出てきていたため、

あぁ、見れないかな・・・と思いながらせっかくのなので上り

駐車場に車を止めてからは整備された遊歩道を往復30分ほどのハイキング。

ほどなく、お釜が見えてきました。

 

もやもやしていた不安も杞憂に終わり、火山の噴火で空いた穴に

水がたまる事により出来るカルデラ湖、綺麗なエメラルドブルーの「お釜」も良くみえました。

このあとすぐガスがまたかかり始め、運が良かったと一安心です。

レストハウスでは、温かい食事を頂く事もでき、お昼をとってから次の「蔵王キツネ村」へ移動します。

IMG_6033

まだ若干夏毛のため、冬毛ほどのモコモコ感は

ありませんが、間近で寝たり・エサを食べたり・活動をしている

かわいいキツネの姿を観察することができました。

突然ですが、キツネはどのように鳴くかご存じですか?

 

童謡などではコンコンと表現される事が多いですが、実際は猫科の鳴き声に似た、「ニ゛ャーニ゛ャー」という

鳴き声でした。とてもかわいいです。この時点でお昼の3時くらいのため、仙台市内へと車を走らせます。

IMG_6038

夕食前に伊達正宗の居城であった、仙台城

別名「青葉城」の見学。

この時点で仙台城にある牛タンのお店が目に入り、

気分はすっかり夕食の牛タンです。

皆様が思い浮かべるように、仙台は牛タンの名所。

どこの店に行ったらいいかわからない・・・。

という方には、仙台駅内に「牛タン通り」がオススメです。

数々のお店が鎬を削る通りで、名店が立ち並び

 

選びやすいかと思います。近くには、宮城名物ずんだ餅で知られる

枝豆のペースト、ずんだが入った「ずんだシェイク」のお店も。

前記の通り、仙台駅にほど近いホテルビスタ仙台に宿泊しました。

<2日目>

2日目は、日本三景の一つ「松島」方面へ。

まずは仙台から松島への道中、塩釜へと立寄りました。

IMG_6053

塩竃神社と、志波彦神社が並んで立っており、

併せて参拝させていただきました。

海をお守りする神社ということもあり

上からは海も見る事のできる眺望の良い

神社です。

朝の静けさに包まれた中、いい気持ちで

1日のスタートです。

 

その後、目的地「松島」へと移動しました。少し遅めに出発したため、この時点で11時ころ。

IMG_6058

散策する前に、腹ごしらえ。

あまりイメージはありませんが、松島は

あなごでも知られます。

丼からはみ出る程のあなごの蒲焼を使った

あなご丼を頂きました。

その後、瑞厳寺を見学した後、松島巡り遊覧船に乗船しました。

 

旅も2日目、すこし早めに宮城名産のお土産(萩の月等)を買いながら宿へ戻りました。

<3日目>

最終日、1.2日目と楽しみ、名残惜しいですが、チェックアウトをして宿を後に。

東北の方へ行く機会があったら一度見ておきたかった場所が、

2011年3月11日に発生した東日本大震災の被災地でした。

写真は撮っておりませんが、被災した海辺の集落、震災遺構にも登録されている

仙台市立荒浜小学校を見学しました。福井と言う土地に住んでいると、東北の現状が

どのようなものか今一イメージはつきにくいですが、現地を見る事は貴重な経験となりました。

IMG_6069

まだ、宮城県には秋保温泉など見どころは

沢山あり見尽くせたわけではありませんが、

IBEXとANAのコードシェア便で仙台から小松へと帰り、旅は終了でした。

小松までのアクセスが・・・という方には

東北新幹線でアクセスも良く福井駅からのプランもございます。

ぜひ福井旅行までご相談ください♪

 

« 前のページに戻る